20代から始める青汁美容。オススメの飲み方は

MENU

20代から始める青汁美容。オススメの飲み方は

美容に良いとされている青汁。
でも青汁って苦いし渋いしなかなか飲みにくいですよね。続けるとなると結構大変です。20代女性は特にスイーツ大好き世代ですから、渋くて苦い飲み物を毎日飲み続けるのは結構きついですよね。
でも、青汁は飲み方を工夫すれば続けやすくなるんです。美容のために青汁のオススメの飲み方を紹介します。

 

 

牛乳と混ぜる

 

青汁には独特の青臭さがありますよね。
でもそこに牛乳を入れるだけで、不思議や不思議抹茶ミルクのようになります。それは見た目だけの話ではなく、味も本当に抹茶ミルクや抹茶ラテみたいになるんですよ。

 

さらに牛乳に含まれているタンパク質やカルシウムも同時に摂取できて一石二鳥です。騙されたと思って、やってみてください。

 

 

青汁ヨーグルト

 

苦味や渋みというのは酸味を与えてあげることで緩和されます。苦味というのはアルカリ性のようなものだと思ってください。理科の実験中に間違ってアルカリ性のものが口の中に入ってしまったということがあった人ならわかりやすいかと思います。

 

酸味は酸性のようなものです。それらが合わさると中和されますよね。そんなイメージですよ。

 

青汁にヨーグルトを入れることによって、ヨーグルトの程よい酸味が青汁の苦味を中和してくれます。デザート感覚で飲むことができておすすめですよ。

 

 

レモンを絞るだけでも

 

酸味が苦味や青臭さを消すという理論的には、レモンを絞るだけでも効果はあります。ただこれは味を変えるものというより、青汁特有の臭みを軽くする「臭み消し」のようなものです。ほかの飲み方に比べて簡単ですが、人によってはあまり飲みやすさを実感できないかもしれません。

 

ただ、レモンでビタミンCをさらにプラスすることができておすすめですよ。

 

 

美容のための飲み方をしよう

 

おいしく飲む方法についてわかったところで、美容のための飲み方を説明します。ダイエットのための飲み方と、美容のための飲み方は微妙に違うんです。やせたいのが目的なら食事前に飲みましょう。脂肪の燃焼を促進してくれます。

 

総合的な美容効果が欲しい場合は、朝起きてすぐに飲むのがオススメです。朝起きたときが一番体が栄養を欲しているときなんです。カロリーや栄養素は朝に一番多くとって昼、晩と減らしていくのが良いとテレビなどで言われていますよね。

 

それは寝ている間に消耗したエネルギーを補うためなんです。
そのタイミングで青汁を飲むと、体に栄養素を取り込みやすいんですよ。体に効率よく栄養素を取り込むということは効率よく効果を発揮してくれるということ。その結果として美容効果が期待できるんです。

 

 

飲み方を工夫しておいしく続ける

 

いくら効果があっても飲み続けられなければ意味がありません。紹介した飲み方や、自分自身で発見したおいしい飲み方を実践して、楽しい青汁美容ライフを送りましょう!

関連ページ

吹き出物に悩む30代女性のための青汁生活おすすめレシピ
悩み別に適した飲みやすい青汁をご紹介。あなたに最適な青汁がきっと見つかる!
青汁でニキビ対策。消えては増えの繰り返しの方はぜひお試しを
悩み別に適した飲みやすい青汁をご紹介。あなたに最適な青汁がきっと見つかる!
青汁で作り美肌。昔の自分に戻ろう!
悩み別に適した飲みやすい青汁をご紹介。あなたに最適な青汁がきっと見つかる!
青汁美容入門。美肌を作ると話題の青汁
悩み別に適した飲みやすい青汁をご紹介。あなたに最適な青汁がきっと見つかる!